布バッグの三角マチ、別マチの違いとは?手作りの際はマチの種類にも気を付けて

布バッグの三角マチ、別マチの違いとは?手作りの際はマチの種類にも気を付けて

皆さんこんにちは

ハピメイド店長のmichiyoです。

 

入園入学グッズ作製のシーズンに入りましたね。

レッスンバッグを代表とする布製品には、マチというものがあります。

マチとは、ひと言でいえば「奥行き」になるのですが、作成方法により出来上がりの寸法や形も変わってくるんですよね・・

 

毎年、マチについて誤解されているお客様が見えるため、当店でも「マチについての説明ページ」を設けております。

今日はその中でも「別マチ」についてご紹介しましょう。


スポンサーリンク

布バッグの別マチ、三角マチとは?

三角マチと別マチの違い

  • A 別マチタイプ
  • B つまみ底タイプ 三角マチ(底マチ)・折マチなど

マチは大きく分けて、それぞれ別の布で作製する別マチタイプ、そして三角マチや折マチに代表されるつまみ底タイプがあります。

つまみ底タイプの場合は、バッグの底と袋口との長さが変わってきます。

そのためサイズ指定されている際は、ヨコの長さをどちらで解釈するかで、大きさが変わってきますので注意しましょう。

詳細はこちら

 

入園入学バッグの場合は、ほとんどのケースが三角マチですが、まれに下記のような「別マチタイプ」のご依頼を受けることがあります。

選ぶ布にもよりますが、より自立したバッグなどが出来ますよ。

別マチショルダーバッグ更に、しっかりさせたい場合には、接着芯や底板を活用されるのも良いでしょう。

 

また、別マチの作成方法には3つの裁断パターンがあります。

  1. 横マチ
  2. 通しマチ
  3. 小判底
    別マチのタイプ

小判底は底マチとも呼ばれ、底を丸くすれば筒形のバッグにもなります。

 

別マチの場合は、それぞれ異なる生地を使用して、色合いを変えてみるのも良いでしょう。

また、一枚の布で不足する場合などにも有効ですよ。

 

「マチ」は比較的皆さんがご存知の用語ですが、それだけに思い込みでイメージと違う事が起こりやすくもあります。

いろいろな種類があることを理解して、どなたかに作製を依頼される際は、しっかり伝えると良いでしょう。

 

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます