えっ?かけはぎが不要に!近未来の衣服は破れても勝手に修復されるかも。

えっ?かけはぎが不要に!近未来の衣服は破れても勝手に修復されるかも。

「ガーン!またあいつに食べられた~」

おやつの奪い合いの兄弟げんかではありませんよ。

クローゼットにしまってあるお洋服のお話です。

あいつらってお気に入りの高い服から順番に食べていくんですよね・・・

「クッソ。グルメを気取りやがってー 虫けらのくせに!」

・・・・と言う品のない独り言はともかく、もしかしたらお洋服の虫食いを手直しする「かけはぎ」は要らなくなるかも知れないというニュースを紹介します。


スポンサーリンク

未来の衣服は自己修復機能付き?

出典元:Is this self-repairing fabric the end of ripped clothes? – YAHOO!NEWS(8/1)

アメリカ、ペンシルベニア州立大学などの研究者たちによると、引き裂かれた生地にある液体をかけると再びもとに戻る発見をしたとの事です。

その謎の液体の正体はバクテリアや酵母菌などの生分解性液。つまり微生物によって分解される原理と思われますが、当然ながら私にはちんぷんかんぷんです。

とにかく実験によると、

引き裂かれた布は液体をかけて圧力を加えるとくっつき、穴が開いた箇所にに別の布をあてて圧力を加えるとこちらもくっついたそうです。

(さらに理解不能なおつむのまま話を進めると・・・)

この原理を応用し衣類に液をコーティングすると、自動的に自己修復機能が内蔵される仕組み。更にさかのぼって繊維の段階で自己修復機能を持たせれば、どんなものを作っても水に触れたり圧力を加えるだけで自己修復が始まるそうです。

わあ!これは画期的ではないか。 破けても穴が開いても、つば(お水)付けてたたけば元に戻るかも・・・

(わんぱく坊主も安心。虫けらざまーみろ。バクテリアサンキュー)

衣類が生き物のように、まるでSFの世界のようでちょっと不気味なお話ですが、便利になるとよいですね。

 

今すぐできる衣類の防虫対策

「近未来っていつ?そんなの待ってられないよー」というあなたに、今すぐできる防虫対策です。

私だけじゃないと思いますが、防虫剤をしっかり入れているのに虫食いから守れなかった経験ってないですか?

その理由は、長い間(一年以上)放置したり、クローゼットに詰め込み過ぎていたり、開閉が頻繁だったり・・・

もしかしたら防虫剤自体がお粗末くんなのかも。

皆さんはどんな防虫剤つかっていますか?

◉衣類の防虫剤を見る

また、「ちょっとくらいの手間は惜しまないわ!どうかこれだけは食べないでぇー」と言うあなたには、一着ごとに守る「防虫エッセンス」が向いているかもしれませんね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます