洋裁、型紙を写すなら不織布(ふしょくふ)がおすすめ

洋裁、型紙を写すなら不織布(ふしょくふ)がおすすめ

今日は、お洋服作りには欠かせない作業、「型紙作成」のお話です。

型紙の作り方と言ってもパタンナー(型紙をおこす専門家)のお勉強じゃないですよ・・

良く、洋裁本の付録で付いている型紙の作成(使い方)です。

 

皆さん型紙は何で作っていますか?

「ハトロン紙」派ですかそれとも「不織布」派ですか?

 

えっ?新聞紙派ですか・・・。

ある程度大きな紙となると、手っ取り早く代用できるのが新聞紙ですね。でもすぐに破ける、見難いなどで型紙として最適とは言えません。

カレンダー派の人も包装紙派の方も、最適の紙をお探しでしたら是非透けて見えるタイプをおすすめします。

型紙の作成効率が良くなるだけじゃなく、他にも便利な点がたくさんあるんです。


スポンサーリンク

 

型紙は透ける物にトレースして作ろう。

雑誌の巻末に付録されている型紙は、そのまま切り取らず別の用紙に写して使用します。

(切っても悪くはないのですが、他の物が使えなくなりますからね)
もし手元に透ける紙がない場合は ルレット で印を付けます。

 

透ける紙と言えばトレーシングペーパーやハトロン紙などが有名ですね。

特にハトロン紙は型紙づくりの定番アイテムで、手芸店や生地屋さんで古くから売られています。

 

でも最近は型紙用の不織布 が人気なんですよ。

不織布はずっと以前からあったのですが、「型紙トレースするならハトロン紙」という定説に隠れていたんですね。

不織布(ふしょくふ)とは使い捨てマスクやコーヒーのフィルターなどに使われている素材です。

詳細はこちら

 

特徴は紙よりは破けにくく、切っても布のようにほつれてきません。

そしてお値段も布に比べれば格段に安いです。

つまりこれ、型紙としては実に使い勝手が良いのです。

型紙を不織布に写す型紙をハトロン紙・不織布に写す

 

不織布の型紙はこんなにも人気

ちょっとだけ購入者のレビューを紹介しますね。

ハトロンや、新聞紙などよりもしなやかで待ち針も簡単に止められますし、とても気に入りました。また型紙から起こすときにリピしたいと思います。

トレーシングペーパーから乗り移りです。
折り跡は気にならないし、よく透けてパターンを写すのにも便利だし、ハサミで切り出すときも切りやすい!
貼りつなげなくてもロール(巻き)で買えるのも嬉しいです。

初めての不織布型紙です
アイロン当てられるのは便利ですね
表裏気にせず使ってしまっていますが平気です。ボールペンで書いています。

いつもハトロン紙を使っていましたが、こちらの評判が良いので買ってみました。
手芸店のハトロン紙は長さに限りがあり、どうしてももったいない使い方になってしまうのですが、こちらは続けてのカットで長いものが届いたので無駄無く使えて良いです。
何よりガサゴソと音がしないので、夜中でも安心して広げられるのが良かったです。
次からはこちらを使う事にします。

 

とても多くの方に支持されています。

要約しますと、型紙用不織布にはこんな特長があるのですね。

  • 好きな大きさ(幅広ロール)で購入出来て無駄が出ない。
  • 良く透けて、鉛筆、ボールペンなどでトレースしやすい。
  • 畳んでもしわになりにくい。
  • 丈夫で何度も使える。
  • 待ち針を使っても破けない。
  • 小さな子供がいてもガサガサ音を立てない。

 

●型紙用不織布/方眼なし/測り売り1m単位
100cm巾 1m単位で購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

型紙用不織布/方眼なし/測り売り1m単位
価格:134円(税込、送料別) (2016/10/11時点)

●バイリーン型紙用不織布
100㎝巾×4m 2本
(メール便2通でお得に届きます)

●クロバー/ハトロン紙/ロールタイプ
ハトロン紙がお好きな方はこちら
60cm幅×7m巻

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロバー/ハトロン紙/ロールタイプ
価格:463円(税込、送料別) (2016/10/11時点)

不織布は私も長く使っているのですが、ガサガサ音を立てないという利点は今まで気が付きませんでした。

まだ使っていない方、お値段もハトロン紙とさほど変わりませんので一度お試しあれ。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます