手作りバッグ、巾着袋の作製に「型紙」は必要なの?

手作りバッグ、巾着袋の作製に「型紙」は必要なの?

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

お洋服を手作りしたい人にとって「無料型紙」って、とっても心地よい響きですよね。

私もそんな甘い言葉が大好きな一人です。

でも「安物買いの銭失い」じゃないけど、たまにドツボにはまる事もありますけどね・・・

そんな場合は、手間のみならず、最悪生地までもが無駄になります(涙)

 

そんな、好し悪しの無料型紙ですが、今日はそういう話ではなくて、バッグや巾着の「無料型紙」のお話です。

お洋服などの型紙は分かるのですが、バッグや巾着の型紙って必要なの?・・・っておはなし。

 

ネットを見てると、結構バッグや巾着の型紙ってのが出てくるんですよね。

それもチューリップバッグとか、そういう複雑な形のものじゃなくて、ただの四角いバッグです。

そう、型紙もただの長方形。

なんで、ただの長方形の型紙がいるのかなーと不思議に思うのですが、やっぱり縫製には型紙っていうイメージがある為でしょうか・・・

 

今日は、バッグや巾着の作製にも、型紙はあった方がやりやすいの? いうお話です。



スポンサーリンク

型紙の目的は何?

お洋服の型紙は、デザイナーの美しいラインをパタンナーの方が縫製しやすいように作られたものです。

レシピに従い、縫製すれば、正確なお洋服が仕上がります。

当然、サイズが小さいからと言って拡大コピーすると、組み合わせも合わなくなり、バランスも崩れます。

また曲線の裁断も多く、お洋服作りにおいて型紙は必須といえますね。

お洋服型紙のあれこれ

でもバッグや、巾着類には型紙は便利なのでしょうか。

 

バッグの採寸はどうするの?

型紙がなければ、裁断の大きさはどうすればよいのでしょうか?

バッグや、巾着の生地の用尺(必要数)は、完成サイズをもとに簡単に計算できます。

要はタテとヨコのサイズさえ分かれば裁断出来ます。

下記にまとめてありますのでご参照ください。

型紙があった方が真っすぐ切れるのでは?

良く「生地が真っすぐ切れない」というお悩みを聞きます。

また、直角に切るのも結構大変なんですよね・・・

これは、生地が糸の集合体であり、すぐよれてしまうからです。

 

こういう生地は、大きな直角定規(L尺など)を使ったり、きちんと直角が作れる厚紙(型紙)などを用意して、それに合わせて裁断すると上手くいくような気がするんですよね。

でも、実際はそうとも限りません。

いくら型紙が直角でも、肝心の生地がヨレヨレなら、何の意味もありませんからね。

特に、張りのない柔らかい生地を裁断するときには注意が必要です。

 

結論から言っちゃいますと、型紙があった方が良いのかはケースバイケースです。

便利な場合もありますし、逆に使わない方が良い場合もあります。

それは裁断する生地の種類と、持っている道具によって変わってきます。

具体的には、次回「生地の裁断の仕方」で説明しますね。

 

それではまた・・

 

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます