着物買取りサービスを利用したら「驚きの価格で売れた!」のでご報告

着物買取りサービスを利用したら「驚きの価格で売れた!」のでご報告

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

以前、こちらでも触れましたが、今年は随分思い切った断捨離を決行しました。

タンスの肥やし達も随分少なくなり、気分もスッキリ!

今回は、勇気を出して処分した「着物」についてご報告します。

これから着物の処分をお考えの方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

勇気を出して処分した母の着物

今回処分したのは、5年前に亡くなった実母の着物。

仕事柄、着物を着る機会が多かったこともあり、数十点ありました。

先ず、有名作家の物や、思い入れのあるものを数点、姉と分けます。

あと私の趣味で、着物のリメイクや帯バッグに使えそうなものを除外します。

 

そして残ったものが着物・帯・小物合わせて20点ほどです。

せっかくなら、いくばくかのお金にしようと言う事で、着物の買取りサービスを初利用してみました。

 

着物買取りの仕組み

ちなみに着物の買取りサービスは主に2通りのパターンがあります。

  • 出張査定
  • 宅配査定

出張査定とは、自宅まで担当者が来てくれるサービスです。

その場で査定し、提示された金額で納得がいけば、現金と交換されます。納得いかない場合でも見積もりは無料のケースがほとんどだと思います。

 

宅配査定の場合は、申し込みを行うと梱包用の段ボールが無料で送られてきます。

あとは指定の書類と一緒に発送するだけ。こちらも送料は業者もちです。

後日見積額が提示されますので、納得すれば指定口座へ振り込みされます。

納得できない場合は、着払いにて返送されます。

 

やっぱり「その場で査定してもらった方が安心」という事で、出張査定の業者に早速電話してみます。

選んだのは、良くテレビCMでも流れているおなじみのところ。

 

聞かれるままに「住所・氏名・年齢・生年月日・電話番号」などを伝え、最後には「駐車場の有無」まで聞かれます。

いかにもすぐにでも来てくれそうな話の流れだったのですが、最後に言われたのは「すみません。今そちらの方面に伺う計画がないんです・・・」の一言。

エッ!?なにそれ・・・

じゃあ、最初の住所の段階でそれ言ってよ…って感じです。

駐車場のくだりは一体なんだったのでしょう?

「もしかしたら数か月後に行けるかもしれませんが、お約束できません。」という完全ダメ出しまでもらい諦めました。

確かに田舎は認めるけど、エリアにも入っているし・・・個人情報だけしっかり聞かれて終わりました。(悲)

 

ネットの着物買取り業者へ依頼してみました。

しょうがないので、宅配査定の業者を探します。

こちらもネットでいろいろな業者が探せます。

たくさんありすぎて非常に迷うところではありますが、ネットショップを自らも運営していると言う「カンと経験」を頼りに、一社に絞り込みました。

決め手は、着物専門の買取り業者なことと、きちんと明細を提示してくれるところです。

どんぶり勘定じゃ嫌ですからね・・・

 

ネットで申し込みすると、3日後くらいに段ボールが届きました。

入れてみるとこんな感じで、運よくピッタリと収まります。

そして同封の用紙に必要事項を書き込み、早速郵便局へ電話して集荷を依頼します。

送料は業者持ちで、ここまでの費用は0円です。

ちなみに郵便局のおじさんに、送料を確認したところ、1,830円とのことでした。

 

もし売買成立しなかったら、これらの送料は業者さんの無駄な経費となります。

大変なのね~と思いつつ、いくらで売れるか期待に胸膨らみます。

 

家族で、お寿司くらい食べられるかなー

焼肉でもいいんじゃない。

いくら何でも牛丼とかはないよなー

などと、比較の対象はなぜか皆「食べ物」。

(母親も喜んでくれることでしょう・・)






そして待つこと5日間、驚きの結果は・・・




査定結果 470円


???

(少し間をおいて)ガーン!!

開いた口がふさがらないとは、まさにこのことです。

 

確かに不用品ではありましたが、2着は証紙もありそこそこの見積額が出る自信はありました。

背もそんなに低くなく、新品も何点かあったのに・・。

利益・経費は差し引いても、5桁はくだらないだろうと思っていた矢先、まさかの3桁査定です。

 

取り急ぎ約束の「明細」が見当たらない為、メールにて催促します。




3週間ほど経過しても音沙汰なしで、再度メールを・・・




するとなぜか入金はされ、メールにて下記の返答が・・・

只今、他のお客様の作成もありまして、順番に作成してますので今しばらくお待ちください

はぁ???

なんで見積もりだして、入金された後で明細つくってんの???

 

怒りというか、呆れた状態で、とにかく待つことに



更に1か月以上経過しても音沙汰なし。



このままでもなんか気分が悪いのでとりあえず電話して見ました。(今ここです)

すると、担当者が辞めただの何だのと、とにかくグダグダな返答で、正直もうどうでも良くなりました・・・

 

日本のネットショップは、概ねどこも気持ちのよい対応で、殆ど不快に思ったことはありません。

そういった中で、今回の着物買取りショップは残念。

金額については、納得せざるを得ないものの、対応面では不満な所がありますね。

 

ちなみに、上記とは全く関係のないお店なのですが、下記のブログに着物買取りの難しさが語られています。

ICHIROYAのブログ

どれだけ頑張った査定を出しても「お客様の上をいく事はない」とおっしゃっていますが、そういう意味では大変な業種ですね・・・

ストレスもたまると思いますが、だからこそ、より誠実な接客が期待されます。

 

着物買取りの評判って本当に様々ですよね・・・

「着物が驚くような価格で売れました。絶対おすすめ!」みたいなサイトが多々ございますが、殆どは広告宣伝がらみのサイトで、よほどの着物でないと実際はそんな査定は出ないでしょう。

彼らも商売ですので、それは当たり前なのです。

もし、着物処分をお考えなら、牛丼あたりを視野に話を進めると、思わぬハッピーな売買ができるかも知れませんよ。

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます