人気のLIBERTY(リバティプリント)生地、ネット通販を探すならこちらがおすすめ

人気のLIBERTY(リバティプリント)生地、ネット通販を探すならこちらがおすすめ

日本全国、LIBERTY(リバティ)ファンの皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

リバティの魅力と言えば、独特の染色と繊細な生地ですよね。

私も商売柄、たくさんの生地に触れてきましたが、あの優雅なドレープ感が出せる生地と言うのはそんなに多くはありません。

上質な生地は、裁断しても縫製しても気持ちが良いものです。

もちろんお洋服を仕立てた場合、着心地も最高に仕上がります。

ポーチなどの小物を作ってみても、ワンランク上質な仕上がりになりますね。

 

私たちは、生地は基本「丸巻き」で仕入れるのですが、リバティ生地に限っては、「半折」でも問題ありません。

それどころか、メール便で購入しても、全く皺にならないんですよね。

だからネット通販でも気軽に購入できます。

 

ネット通販と言えば、「リバティ生地が激安で買えるお店はないか?」と探したことはありませんか・・・

そんな方には残念。

リバティは取り扱い店舗が厳重に管理されており、どんなショップでも同一の価格で販売されています。

抜け駆けして安くは売れないのです。

お取引をするにも、ある一定の資格が必要な為、どんな生地屋さんでも扱えるわけではありません。

非常に高価な生地ですが、その分信頼できるお店から、安心して購入できるのです。



スポンサーリンク

LIBERTY(リバティ)生地の購入できるお店

お住いの地域で、リバティ生地販売の実店舗をお探しでしたら、下記の公式サイトで探すのが良いでしょう。

初めて購入される場合は、やっぱり見て触って購入されるのが良いですね。

リバティ公式取り扱い店舗

 

また、ネットショップでも「正規販売店」は、信頼できるお店ばかりですので、安心して購入できます。

下記は全て、私がこれまでに利用したことのある、ネットショップです。

何れも丁寧な対応をして下さる、気持ちのいいお店です。

にっぽり パキラ
HOBBY SHOP SANDO
リバティプリントショップmerci
生地のmaru10
チビチビキッチン
Bernadette楽天市場店
トライ・アムサンカクヤ楽天市場店
ホビー家コテツ
服地・布地のマツケ

ネット通販で購入すると、「ハギレ」や「ポストカード」などがおまけでもらえるショップが多いです。

安い生地の端切れはゴミになるけど、リバティは別と言う方は多いんですよね。

中には、「リバティのダイアリー」や、生地に合った「スパン糸」など、嬉しい特典のあるお店もありますよ。

こちらではハギレの活用方法もご紹介しています)

 

原則、どのお店も正規価格での販売ですが、カットクロスなどはお安く買える場合もあります。

他にも各店舗、お得感のある工夫がありますので、気になる方はメルマガ購読などでチェックするのも良いかも知れません。

リバティ生地の種類と選び方

リバティの生地の種類

リバティの代名詞と言えばタナローンです。この肌触りの良い生地に魅了されてファンになる方が多いですね。

余り知られてはいませんが、他にもジャージや帆布、ラミネート加工など色々な種類の生地があります。

中にはシルク100%といった、更にお値段の高い生地もありますよ。

 

実は以前、ネット購入でうっかりタナローンと間違えて「フライス生地」を誤発注してしまったことがあります。

高い買い物でショックでしたが、カット済みにもかかわらず、お店の方が送料のみで返品交換して下さいました。

リバティは同柄でも、色々な種類の生地がありますので注意が必要ですね。

 

リバティの原産国と生地幅

リバティの生地は輸入生地と国内生地があります。例えば、タナローンについて比較した場合下記の様な違いがあります。

  • 英国製:135センチ幅 4,800円/m
  • 日本製:110センチ幅 3,000円/m

英国製の方が高いですが、生地幅が広くなります。

国内の認定工場でも厳重な管理の元、高品質な生地が作られています。

同じ名前の生地を購入しても、日本製と英国製とでは、色合いなどが微妙に異なります。私も両方を混ぜて購入しますが、どちらが良いとは単純に言えません。

 

新作と定番の違い

  • シーズナルコレクション(春夏/秋冬の最新コレクション)
  • クラシックコレクション(英国定番柄)
  • エターナルコレクション(日本定番柄)

リバティの場合は、お気に入りだった生地がもう手に入らないと言う事も、珍しくありません。

そんな時でも全ての生地に名前がありますので、名前さえ分かれば他店でも容易に探せます。

新作としては、年に2回パリで最新のコレクションが発表されます。それが「シーズナルコレクション」です。

こちらはシーズンごとのテーマがあるのも特徴で、無くなるのも早いです。

一方、イギリスのリバティ本社とリバティジャパンが、それぞれ選んだ定番柄が「クラシックコレクション」「エターナルコレクション」となります。

ただこちらも、いつまでもあるとは限りません。

また、大きな販売店では、リバティジャパンと提携してオリジナルカラーを出しています。

これらを見るのもショップを巡る楽しみでもあります。

 

今日は、私も大好きなリバティ生地についてのご紹介でした。

(ファンの皆さんは当然知っている情報ばかりでしたね)

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます