生地に糸の固まりがあるんですけど!「ネップ」って何?にお答えします。

生地に糸の固まりがあるんですけど!「ネップ」って何?にお答えします。

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

お洋服作りなどをしていると、生地の一部に糸の固まりのようなものがあって、嫌な思いをしたことはありませんか?

「えっ、何これ、もしかして不良?」

・・・って、もう裁断して作り始めちゃっているし・・・嫌だな~なんて苦い経験もあるかも知れませんね。

 

このつぶつぶの様な糸の固まり、専門用語では「ネップ」と呼んでいます。

ネップ

こちらは比較的小さなネップです。

これ、「不良なんだけど大目に見てよ(お願い)」みたいな、ちょっと厄介なものなんです。

今日はそんなネップについてご紹介します。


スポンサーリンク

ネップとは

ネップとは、一言で言うと、糸を作る際にできた節(ふし)の事を言います。

そもそも糸には、始めから長い蚕の繭のようなものと、綿花などの短い繊維をつないで長くするものの2種類があります。

前者を「長繊維」、後者を「短繊維」と呼んでいますね。

 

紡績工場では、綿花や羊毛などの小さな繊維をほぐし、向きを揃えながら伸ばしていきます。

そして途中、コーミングと呼ばれる工程で、糸を均一に揃えています。

髪の毛を櫛(コーム)でとかすのを、イメージすれば良いですね。

 

ところが条件が異なる自然なものが相手の場合、均一な太さに揃えるのはそんなに簡単なことではありません。

途中で除去できないものが、どうしても残ってしまいます。

そしてこの不均一な糸が、織った生地の表面に出てくるのです。

 

当社でもたくさんの生地を扱っていますが、天然素材の生地にはどうしてもこの「ネップ」が多く含まれます。

 

特にリネン(亜麻)等にはこのネップが多くみられますね。

よく見ると糸も、太い糸や細い糸が混ざって織られているのが分かります。

 

業者さんに聞いても、性質上ネップを無くすのは難しいようですね。

生地屋さんの説明でも「ネップは風合いの一つとしてお楽しみください・・云々」的な表現が多くみられます。

 

ネップは不良なの?

ネップは不良なのでしょうか?

例えば企業間の取引の場合はさておき、個人がネップを理由に返品・交換を求めるとかは難しいと思います。

先に説明したように、生地の性質上、ある程度は含まれることを前提として流通しているからです。

アパレルメーカでも、多くの場合はそのまま縫製して製品として出荷します。

但し程度によっては、検品時にB品(訳あり品)として出されることもありますね。

 

ネップヤーンとは?

少し話はそれますが、ネップつながりとしておまけです。

毛糸の中に「ネップヤーン」と呼ばれる糸があります。

これはファンシーヤーン(意匠撚糸)の一つで、糸に装飾を持たせることにより、完成品に独特の風合いを出す効果があります。

わざと節を付けているんですね。

 

他にも大きな節の「ノットヤーン」や、なだらかな節の「スラブヤーン」など、このつぶつぶって結構人気なんですよ。

私も自然な風合いが好みで、良く編物に使っていました。

 

 

麻や綿は天然素材で、自然な風合いがその特徴です。

自然なものだからこそ、不均一なんですよね。

こう解釈すると、ネップにも愛着が湧いてきませんか・・・

 

今日はネップについてのご紹介でした。

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます