壊れない洋裁メジャーが欲しい!出来ればかわいいの

壊れない洋裁メジャーが欲しい!出来ればかわいいの

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

洋裁をやっていると メジャー(巻尺)を使う機会が多いです。

私も3か所の作業場を行き来しているので、それぞれの場所に置いています。

ところが、一つ壊れ・・・二つ壊れ、そして最後に残ったのがこれです。

おすすめ洋裁メジャー

息子の裁縫箱に入っていたものです。

これ結構使いやすくて壊れません。

 

学校教材の裁縫箱に入っていたものって、割と使えるものがあるんですよ。

話は変わりますが特に気に入っているのがこのハサミ。

貝印のハサミ

なぜ3本もあるのかというと、一本は息子の、もう一本は娘の、そしてもう一本は関の刃物やさんで購入したものです。

あまりに使いやすいので、見つけた時に思わず買い足してしまいました。

貝印のハサミって安いものでも良く切れます。

 

仕事がら、裁ちばさみはしっかりした物を結構持っているのですが、女性の手にはこれくらいのものがすごく使いやすいのです。

もう何度か研ぎながら使っていますが、3本とも現役で頑張っています。

 

そしてメジャーの話に戻りますが、探すと割と可愛いのがありますね。

私が欲しいメジャーの条件は、

  • 巻き取り式であること
  • 簡単には壊れないこと
  • 端が数センチ空けて目盛りが始まること
  • 2m以上あることです。

 

金属製のメジャー(コンベックス)って端から目盛りが始まっているじゃないですか。これって建築現場などで端の金具を引っ掛けるとちょうどゼロから始まるようになっているんですよね。

でも洋裁用は両端を手に持って測ることが多いので、途中から目盛りが始まっていた方が私の好みです。

洋裁用のくたっとしたメジャーは大抵、端を数センチ空けて目盛りが始まっているのですが、中にはこのように端から始まっているものもあります。

クロバーの高いシリーズですが、私的には好みじゃありません。

ただ、クロバーも他のタイプは、途中から目盛りが付いていますので、使い分けの意図があるのでしょうね・・・

他のメーカの物も、巻いてある状態では分からないので注意が必要です。

 

あとはクロバーもそうですが、割と1.5mのタイプが多いです。

こちらは、100均のメジャー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロータリーメジャー
価格:108円(税込、送料別) (2017/5/25時点)

余談ですが知らない方の為に、100均もネット通販で買えるんですよ。

今みたいに壊れても諦めが付くのは100均の利点ですが、仕事中に戻らなかったりするのはちょっとイラつきます。

 

そしてこれらはほとんどが1.5mです。

多分、1mあれば十分と言う事で、おまけ見たいな感じで1.2mとか1.5mのものが多いのではないでしょうか。

両手で伸ばせる範囲ですしね・・

確かに1.5mあればほとんどの物は対応できるのですが、たまに2m欲しくなる時があります。

また、それ以上の長さを測る時も、2mあった方が足し算が楽なんです。

 

そしてやはり本命はこちら

ちゃんと端より3cm余白もあり、2mの条件もバッチリ!

しかも、可愛いのがうれしい。

ドイツ ヘキストマス社はメジャーの老舗メーカーなんですよ。

これ以外にも、ストラップの付いたものや花柄などもあります。やはりメジャー探しではこちらのメーカは外せませんね。




こちら(下)は、巻き取り式ではありませんが、洋裁仲間の間では人気のメジャーです。

これ、首やボディにかけていても様になりますね。

裏と表でゼロの位置が違っていますので使いやすいです。

両面がセンチなものと、片面がインチになているものがあります。購入時は注意しましょう。

 

 

今日は多分、今度のお買い物マラソンで買ってしまうであろう、洋裁メジャーのお話でした。

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます