ブロード・シーチング・CBポプリンとは?生地の違いと特徴

ブロード・シーチング・CBポプリンとは?生地の違いと特徴

これまで、入園入学グッズとしても良く利用される、オックス帆布カツラギについて紹介してきました。それぞれハッキリ特徴のある個性的な生地でしたね。

今日は、ブロード・シーチング・CBポプリンについて一気にご紹介します。

なぜ、まとめて紹介するかと言うと、上記の生地は織り方が似ていて、対比してみた方が解りやすいからです。(決してめんどくさいからではありませんよ・・・ハハ)

それでは早速特徴を見てみましょう。


スポンサーリンク

ブロード・シーチング・CBポプリンとはどんな生地?

ブロード・シーチング・CBポプリンについて共通して言える事は平織であることです。

平織とは数ある織物の中でも、もっともポピュラーで丈夫な織り方でしたね。

天竺木綿の織り方

それでは、3つの生地の違いは何なのでしょうか?

それは、使用している糸の太さと織る時の密度、そしてメーカの好み?によります。

 

平織の代表ブロード生地

Yシャツとして有名なブロードですが、糸は40番~60番手と言う比較的細い糸で織ってあります。(更に細い糸になるとローンと呼ばれます)

織り方の密度は高く、特にヨコ糸に比べてタテ糸を密に織るため、ヨコに畝が見られる場合があります。タテ糸に双糸を使う場合もあります。

シーチングに比べると細い糸で細かく織ってあるイメージで良いと思います。

サテン(朱子織)ほどではありませんが、細い糸で密に織るとしなやかで光沢感のある生地となります。

昔はブロードと言えば羊毛で、未だにそのような説明サイトも残っていますが、現代では綿生地でも密な平織は「ブロード」として販売するのが普通です。

尚、綿ブロードに対しTCブロードはポリエステルを含んだ生地を指します。安価で皺になりにくい利点がありますが、風合いが異なりますので注意が必要です。

 

お値打ちで使い勝手が良いシーチング生地

シーチングは20番手位の比較的太い糸を使って織っています。

織り方の密度は低く、通気性の良い生地です。

ブロードに比べると太い糸で粗く織ってあるイメージで良いと思います。

参考までにシーチングはシーツとしても有名ですが、高級なシーツになるともっと細い糸を使っています。だから厚みも色々で薄いシーチングもあります。

また、生地屋さんには仮縫い用のシーチングが売られている場合があります。これはお洋服などを始めて作る時の試作用の生地で、上記とは違い染色などのコストを極力抑えた生地となっています。薄地と厚地があります。「安いので飛びついて買ったら糊がバリバリで使えなかった・・・」なんて失敗談も聞きますので用途に注意して下さいね。

 

CBポプリンとは(シービーポプリン)

ポプリンはブロードと同じ意味で使われています。

  • ポプリン・・・ヨーロッパ名
  • ブロード・・・アメリカ名

ですからブロードの販売コーナーには括弧でブロード(ポプリン)と表記してある場合が多いです。

それではCBポプリンはブロードと同じかと言えばちょっと違います。

CBポプリンはシーチングと同じ位の太さの糸を使っていますので、実際販売されている商品を見ても厚みはシーチングと同じくらいか、やや厚めとなります。

実際仕入れ先に確認しても、シーチングとCBポプリンは生産者(メーカ)の好みで命名されている場合が多いようです。

こちらも、オックスやシーチングなどと同じく、子供向けのかわいいプリント柄がたくさん販売されています。

CBポプリンを見てみる

入園・入学アイテムとしてもおすすめの生地

今回はブロード・シーチング・CBポプリンについてまとめて紹介しました。

何れも綿100%、薄地~中厚として販売されています。

厚みで言うと、ブロード<シーチング<CBポプリンです。(但し、使用する糸の番手によっては入れ替わります)

3つとも入園・入学グッズには大変使い勝手の良い生地です。

 

例えば、巾着・ランチマット・エプロン・スモックなどなど。

家庭用ミシンでもスイスイ縫えます。

レッスンバッグに単体で使用するには薄すぎますが、切替や裏地には最適です。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

オックスとは・・・
カツラギとは・・・
帆布(ハンプ)とは・・・

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます