入園入学準備に必要な裁縫用具を紹介します!

入園入学準備に必要な裁縫用具を紹介します!

皆さんこんにちは。

少し早めですが、そろそろお子さんの入園・入学に向けて、手作りの物を作ってあげたいと考えている方もいるんじゃないでしょうか。

そこで今回は、入園入学グッズを作るために必要な用具や、あると便利なものを紹介していきたいと思います。

生地などの材料を探す前に、ひと通り手持ちの用具をチェックして無い物は買っておくといいですね。

裁縫用具一覧

チャコペン1.チャコペン

布に印をつけるためのペンです。

方眼定規2.方眼定規

布や型紙に線を引くときなどに使います。

メジャー3.メジャー

布の用尺を測る時に使います。

ルレット4.チャコペーパー・ルレット

布や紙に点線の印をつける時に使います。

紙5.紙

型紙を作ります。

糸切りばさみ6.糸切りばさみ

糸を切るためのはさみです。

裁ちばさみ7.裁ちばさみ

布を切るためのはさみです。

ピンキングばさみ8.ピンキングばさみ

縫い代のほつれを防ぐために使います。

※ロックミシンや、ジグザグ縫いが出来るミシンがない方はあると便利です。

目打ち9.目打ち

縫い合わせた部分の角を整える時に使います。

針10.針(ミシン針、縫い針、待ち針)

待ち針は仮止め用の針です。

リッパー11.リッパー

失敗した縫い目の糸を、生地が傷つかないように切ることが出来ます。

ボタンホールの穴あけにも使います。

ゴム紐通し12.ゴム紐通し

巾着の紐やゴムを通す時に使います。             

ミシン13.ミシン

使う前に糸調子をチェックしておきましょう。

ミシンの糸の色やボビンの数も把握しておく必要があります。

>ミシンについて詳しくはこちら

アイロン14.アイロン

布のしわを伸ばしたり、折り目をつける時に使います。

 

裁縫用具は本番で使う前に、それぞれの調子を確認することが大切です。

特にミシンは複雑な機械ですから、糸が絡まって大変な思いをしないためにも、しっかり確認しておきましょうね。


スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます