布リボン作りにも最適!ウーリー糸で仮止めする裏技とは

布リボン作りにも最適!ウーリー糸で仮止めする裏技とは

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

ロックミシンを保有している方は、「ウーリー糸」を使用する機会も多いのではないでしょうか。

ウーリー糸とは、長繊維の糸をふわふわにして、良く伸びるように加工された糸ですが、その特徴を活かして面白い使い方ができるんですよ。

 

今日は、ウーリー糸を使ったリボン留めの裏技をご紹介します。



スポンサーリンク

 ウーリー糸の仮止め方法(手作りリボン編)

先ずは、リボンを作ります。

手作りリボンの作り方布リボンにも、いろいろな作り方がありますね。

(今日は趣旨が違いますので、作り方は割愛しますね・・)

 

ウーリー糸が活躍するのは、最後の形を整える工程です。

通常はここで縫い止めするのですが、ウーリー糸を使えば簡単に留める事が出来ます。

ウーリー糸でリボンを止めるやり方は簡単、5周程度きつく巻くだけです。

結ぶ必要もありません。勝手に糸が絡み合い取れなくなるのです。

端はハサミでカットして下さい。

手作り布リボンの作り方

縫いずれもなく、形も整えやすいです。

そして、なんといっても早い!

最後にこの上から、中央を隠して完成です。

布リボンの作り方
今回は布リボンを止めてみましたが、手芸では色々なシーンで応用できそうですね。

思い立った時、試してみて下さい。

 

ちなみにフジックスからは、仮止め用の糸としてnot Knot(ノットノット)という糸が販売されています。

こちらは私は試したことが無いのですが、ウーリー糸と違い手で引っ張って切れるようですね。

キャンディレイやコサージュ、リボンなどが簡単に作製できると紹介されています。

今日は、ウーリー糸の特徴を活かした、便利な使い方のご紹介でした。

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます