つまみ細工の素敵なかんざし、晴れの日を迎える前に手作りしてみませんか

日本の伝統工芸のひとつとして江戸時代より続く「つまみ細工」。もともと、着物の端切れを活用したと言う事もあり、庶民の間でも広がりを見せました。最低限必要な材料と言えば布と糊(又はボンド)のみ、道具もピンセットとハサミなど身近なもので作製できます。今日は、晴れの日を迎える前に是非訪れたい、かんざしの作れる教室をご紹介します。