レザークラフトで初心者が最初に揃えた方がよい道具Part.2

レザークラフトで初心者が最初に揃えた方がよい道具Part.2

こんにちは。手芸大好きライターの大象みかです。

前回はレザークラフト初心者が必ず必要になる道具を説明いたしました。

今回は、「最初は揃えられなかったら、なくてもいいけれど、あると便利!」な道具を紹介いたします。

スポンサーリンク


だんだん金具をつけたくなってきます!

レザークラフトの打ち具

私は最初の頃は金具をつけなくても作れる長財布とか、コインケースを作っていました。

しかし、二つ折り財布を作ろうと思ったときに、「バネホックやジャンパーホックをつけるには、専用の道具がいるんだ……」と気づきました。

バネホックなどをつけるときにも大きい音が出ます。「静かにつけたい。しかし、静かにつける道具は売っているけれど、高い……」と私もかなり葛藤しました。

検討した結果、「家族が出かけているときや、公園などの外でバネホックをつけよう」ということになり、一般的なハトメ抜きや打ち具を購入しました。

打ち具や打ち台、ハトメ抜きなどを揃えていくと高くなるので、私はバネホック、ジャンパーホックもついているセットを購入しました。

金槌は家にあったので、それを使っています。このセットで二つ折り財布や名刺入れも作ることができました。

ホックの色はシルバーのセットを選びましたが、アンティークゴールドとブラックもあります。アンティークゴールドだと雰囲気のある作品になりますし、ブラックだとシックなイメージになりそうですね。

打ち具はバネホックの大きさごとに種類があります。探しやすくするために、私は何mm用かシールに書いて、貼ってあります。サッと探しやすくなりました。

他にもあると便利なレザークラフトの道具は?

レザークラフトにあると便利な道具

ヘリ落とし

作品を縫い終わった後に、コバ部分のヘリを落としておくと、きれいに見えます。

私もすぐには買わなかったのですが、「作品をきれいに仕上げたい」という気持ちになってきたので購入しました。

幅2~3mmの両面テープ

革を重ねて縫うときに、仮止めするのに使います。

革の縁から3~5mmくらいの位置を縫うことが多いので、それより幅の狭い両面テープがあると非常に役立ちます。

透明な革用ボンド

革を何重にも重ねて縫う場合、ずれないように先にボンドで貼っておくと便利です。

乾いてもきれいに仕上がる透明タイプをおすすめします。

曲尺

型紙を作るときに、曲尺で正確な直角を出します。

家にない場合は、買っておくとよいでしょう。

ビニール板かカッターマット

革を切るときに、下に敷きます。ビニール板の方が切りやすいと思うのですが、高かったので私はカッターマットにしました。

「大きい革を切ることがあるかもしれない」と思い、サイズはA3にしました。

ビニール板ならこういうものを使うと便利です。

これは中サイズですが、大きさもいろいろあります。

レザークラフトは奥が深いです

いろいろな作品を作っていくと、道具もそれに従って必要になってきます。

レザークラフトは奥が深いなあ……と感じる毎日です。

 

最初は家に道具があれば、それを利用すればいいと思います。

私もカッターマットの代わりに、いらない雑誌を敷いて、革を切ることもあります。本格的にレザークラフトをするようになってから、揃えていけばいいものもあります。

 

皆さんもレザークラフトを始めるときは、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます