生地の4WAYって何!? 1WAY・2WAYの違いについてご紹介します

生地の4WAYって何!? 1WAY・2WAYの違いについてご紹介します

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。(バレエ教室じゃないですよ・・)

 

早速ですが、業界用語はいろいろありすぎて、ややこしいですね。

「〇〇WAY」 と言うのもそのひとつ。

 

何だか数が多いほどすごいような気がしますけど・・・実際はどうなのでしょう?

 

今回は、アパレルやファッション業界の〇〇WAYという用語についてご紹介します。


スポンサーリンク

 生地の1WAY、2WAYの違いとは

生地の1WAY2WAYは ズバリ、ストレッチ素材の伸び方の違いです。

  • 1WAY(ワンウェイ):横方向のみ伸びるニット
  • 2WAY(ツーウェイ):縦・横両方向に伸びるニット

 

普通にカットソーと言われるもののほとんどは「1WAY」です。

例えば、Tシャツなどの例が分かりやすいと思います。お手元のTシャツを触ってみて下さい。

これらは横方向には伸びますが縦方向には伸びません。

だらーんとした縦に伸びるTシャツなんて着ていて嫌ですよね・・・

 

一方、「2WAY」といえば、水着、レオタードなど肌に密着したものに使われます。

これらは、縦横伸びないと着ていて逆に都合が悪くなります。

そして、縦横に伸びるということは、斜め方向にも伸びますね。

 

・・・とここまでは統一ルールなのですが、良く解らないのが「4WAY」

ネット検索していると、4WAY素材を使用した洋服なるものが出てきます。

 

2WAYと同じく縦方向にも横方向にも伸縮する生地を表すようですが、違いは何???



どうも、どこかのメーカーが独自に言い出したネーミングが良く解らない販売者を通じて広まったようです。「4方向に伸びるから4WAYなの~」みたいな感じで・・・

 

だから、生地屋さんでは4WAYと言われても多分2WAYが出てきますね。

 

そしてファッション業界では、違った意味でWAYを使う場合もあります。

シーンごとで使い分けできるお洋服などです。

例えば、フリルやリボンを取り外し出来るお洋服などですね。

場所の雰囲気に合わせて着こなしが変えられる便利アイテムです。

 

また、季節によって裏地の付け外しの出来るコートなんかも2WAYですね。

色々組み合わせて4WAYのお洋服というのもアリでしょう。

 

他にも6 WAYポーチなんてのもありますよ。

(ポーチ、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、クラッチバッグ、ポシェット、外付けポシェットで6つだそうです)

何だか、呼び方が違うだけのものが混じっている気もしますが、更に上をいく8 WAYポーチなんてのもあり・・・

 

やっぱり数字が大きい方がすごいイメージの現れでしょうか・・・

 

今日はストレッチ素材を探す際の基本、ワンウェー、ツーウェーの違いでした。

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます