ミシン針が良く折れる方にありがちな原因と対策

ミシン針が良く折れる方にありがちな原因と対策

以前、ミシン針の種類と選び方をご紹介しました。

今日は、ミシンのトラブルの中でも多い「針が折れる」問題について触れたいと思います。

 

長く、ミシンを使っていると「針が折れた」と言う経験は誰でもあるでしょう。

小心者の私は、そのたびお尻が跳ね上がってしまいます。。

 

余談ではありますが、縫製工場では針が折れるとテープにパーツを貼り付けて元の状態に復元できるか確認します。

つまり、折れた針の一部が、お洋服などの隙間やミシンの内部に残っていないか確認する訳です。

これって、結構大変な作業で、直ぐに見つからない時はかなりの時間をロスするんですよね。

だから、針が折れるのは色んな意味でショックなのです。

ご家庭の場合は、そこまでしないでしょうから、修理の際カバーを外すとほこりに紛れて折れた針が出てきたりしますね・・。


スポンサーリンク


ところで、針が折れるのには原因があるはずです。

もちろん原因がはっきりしている場合はまだ救われるのですが、稀に原因も解らず折れることがあります。

特に、長く使っているミシンで新品の針に変えても結構な頻度で折れる方、

「あれー?昔はこんなに折れなかったんだけどなー」

という方は下記を疑ってみて下さい。

 

💗確認ポイント:針の止めネジが凹んでいませんか?

「ゆるみ」ではなく、「へこみ」です。

ミシンに付属のドライバーを使用せず、家庭にある太いドライバーで強く締める方にありがちな症状です。ネジの先端が不規則にすり減ると、押さえが弱くなり安定して止められなくなります。

こうなった場合は、ネジを交換するしかありません。

緩いのはもちろんダメですが、締めすぎるのも良くないという例です。特に力自慢の方要注意です!

意外と盲点ですので、確認してみて下さい。

 

ミシン針の折れる原因

一般に知られている針の折れる原因です。良く聞くパターンですがこちらも合わせて紹介します。

針の選び方は間違っていませんか?

  • ミシンに合った針を選んでいますか?(家庭用・工業用)
  • 粗悪品を使っていませんか?
  • 生地にあっていますか(針が細すぎるなど)
  • 押さえは合っていますか?

針の付け方は間違っていませんか?

  • 平らな面の方向は合っていますか?
  • 奥までしっかり入っていますか?
  • 止めネジはしっかりしまっていますか?

その他の原因はありませんか?

  • 上糸が絡まっていませんか?
  • 上糸が引っかかっていませんか?(テンションが強いなど)
  • ボビン釜内部で何かが当たっていませんか?(異物など)
  • 針が針板に当たっていませんか?
  • 押さえは合っていますか?
  • 針が曲がっていたり摩耗していませんか?

 

針はミシンの中でも最も重要なパーツのひとつです。正しく選び、消耗したら直ぐ交換してあげましょう。

家庭用ミシン針の種類と選び方

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます