刺繍ワッペンを自作しよう!オリジナルワッペンの作り方とヒートカットの基本

刺繍ワッペンを自作しよう!オリジナルワッペンの作り方とヒートカットの基本

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

いきなりですが「刺繍ミシン」って楽しいですよね。

糸さえセットしてあげれば、後は自動でタタタターーーーって勝手に動いてくれます。

高速な物だと、1秒間に20針も縫うんですから、恐ろしいスピードです。

今でこそ私も放ったらかしにしていますが、最初に始めた頃は、ずっと楽しくて眺めていたものです・・・

 

今日はそんな刺繍機を購入すると始めたくなる、ワッペン(アップリケ)の作り方についてご紹介します。

 

ワッペンって多くは周りを、サテンでかがってありますよね。理由はデザイン的な要素に加え、ほつれ止めの意味もあります。

この縁取りには、2種類の方法があるんですよ。

  • ロックミシンでかがる方法
  • ヒートカットする方法

「ロック加工」の方がどちらかと言えば、綺麗に仕上がります。でも解れやすかったり、自由な形にできないなどのデメリットもありますね。

そして第一、巻きの出来るロックミシンがないと出来ません。そして、そこそこのテクニックも必要です。

 

一方「ヒートカット」は自由な形にカットできるのが特徴です。極端に尖がっていたり凹んでいても大丈夫!

要するにハサミでギリギリにカットしようとすると、糸まで切っちゃう可能性が大。だから糸は残しつつ、母材だけを熱で切り取る訳です。

市販されているものの大半は、こちらの方法になりますね。

また初めてでも簡単に始められるのも、ヒートカットの良さですが、注意することが何点かあります。

それでは先ず、必要な道具から見てみましょう。



スポンサーリンク

ヒートカットに必要な道具

ワッペン手作り(ヒートカット)に必要な道具ワッペンのカットには先ず「ヒートカッター」とか「マークカッター」と呼ばれる道具が必要です。

はんだゴテと全く同じ形状ですが、ワット数が若干弱めでで作られています。後述しますが、温度調整が出来るようにコントローラーと併用して使用すると良いです。

例えば下記の3点で、大体4,000円程度で購入できます。

あとはガラスの作業台があれば良いです。なければ賞状の額など、身近なもので代用しましょう。

ヒートカットできる材料の選び方

良く、初心者にありがちな失敗として、普通の刺繍でそのままカットを始める方が見えますね。

ヒートカットは文字通り、熱で溶かしながら切断しますので、材料も溶ける(あるいは溶けない)ものを意識しなければなりません。

母材の選び方

天然繊維 ×
化学繊維〇 ポリエステル100%など

ワッペン作りに良く使用されているのがフェルトです。

適度な密度と厚みがありますので、刺繍初心者でも扱いやすい素材ですね。

(トップの画像の物もフェルトで作製しています)

フェルトは手芸店など、どこででも手軽に購入できますが、材質選びには注意が必要です。

一番多く見かけるのは、ウール60%+レーヨン40%の混合タイプです。これらはヒートカットが出来ません。

購入する際は、ポリエステル100% のフェルトを選びましょう。ウォッシャブル(洗濯可)と表記してあるものがこれになります。

 

又、ワッペンを作るには「エンブクロス生地」もおすすめです。

色も豊富で目が細かく光沢があり、刺繍に向いています。また畳状になっていますので、全面を刺繍しなくてもそれらしく仕上がります。

ナイロン100%、ポリエステル100%などは共にヒートカットできます。

 

刺繍糸の選び方

ポリエステル×
レーヨン〇

家庭用刺繍ミシンでよく使われるのは、ブラザーの刺繍糸「ウルトラポス」&「カントリー」ですね。

これらは強度があってつなぎ目も感じない為、刺繍用としてはすごく使いやすい糸です。

でも何れもポリエステル100%なので、熱に弱くヒートカットでは使用できません。

糸が溶けて切れたら困りますからね・・・

 

ヒートカットする外周のサテンには、レーヨン100%やキュプラ100%などの熱に強い糸を選びましょう。

レーヨンとは絹に似せて作った再生繊維です。

例えば「ウルトラポス」と同じオゼキ㈱の「ワイヤ刺繍糸」はレーヨン100%です。強度は落ちますが熱には強い糸です。

他にもパールヨット㈱などのレーヨン糸が有名です。
パールヨット 刺繍ミシン糸 レーヨン 120/2 2000m-1

下糸の選び方

スパン×
カタン〇

下糸も上糸同様に、セットで変える必要がありますね。

結構忘れてしまいがちなので要注意!

熱に強い糸として、良く利用されるのはカタン糸です。カタンについてはこちらでも特徴を説明します。

 

ヒートカットのやり方とコツ

先ずは、母材に 破れない接着芯 を貼り、刺繍をしましょう。

外周のサテンだけは糸を上下とも変えましょうね。(そんなに強度が要らなければ、全部レーヨンでもOKです)

必要に応じて、裏面にアイロン接着シートを貼ります。

 

さて、いよいよカットです。

カットを上手に行う為には、ある程度の慣れが必要かも知れません。

先ず、コテ先は細くて、少し曲がったものがやりやすいです。

温度は高すぎず、低すぎず・・・何とも曖昧な表現ですみませんが、その為にも微調整できるコントローラをおすすめします。

要らない部分で、試しながら温度調整しましょう。

(私は上の道具で紹介した、写真の位置くらいでやることが多いです)

ワッペンヒートカットのやり方とコツあとは、途中で止めないように一気にカットします。途中で止めるとそこだけ変な跡が残ります。

私は、コテは少ししか動かさずに、母材をガラスの上で滑らす感じで回していますね。

母材と刺繍糸の色を近づけると、境が目立たずに綺麗に見えます。

 

ちなみに上記の画像は、お客様のオリジナルデザインの刺繍です。

wordでデザイン(自作)されたそうですが、すごいですよね・・・。

PDFで頂いたファイルを、刺繍ソフトに読み込んで作製してみました。

こんなオリジナルのワッペンが簡単に自作出来ちゃうのも、刺繍ミシンの醍醐味ですね。

便利なものです・・・

ちなみに刺繍ソフトって、上記を見てもらえば分かるのですが、結構高いですよね。でもプロが使うソフトはそれ以上で、200万円を超えるものも珍しくありません。

そう思うと、このお値段でこの機能はかなり充実していると思えますね。

 

今日は、刺繍ワッペンの作り方(ヒートカット)の基本のご紹介でした。

あとは皆さん色々応用して楽しんでください。

 

それではまた・・・

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます