手芸の必需品、おすすめカッティングマット特集

手芸の必需品、おすすめカッティングマット特集

みなさんこんにちは
ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

前回、布の裁断にはロータリーカッターが断然便利というご紹介をしました。

本日は、セットで用意したい「カッティングマット」についてご紹介します。

ロータリーカッターを使用する際は、カッティングマットが必需品です。

とかくサイズとお値段だけに目が行きがちですが、長く使う場合は切れ味や刃の寿命に大きく影響しますので、良いものを選びましょう。

今回は、縫製工場の経験と、いろんな手芸仲間の意見を参考に2点ご紹介します。


スポンサーリンク

おすすめお値打ちカッティングマット(カッターマット)

先ず、紹介するのは前回もご紹介したカッターナイフ専門メーカーOLFAのマットです。

軟・硬・軟の3層構造で、両面使用できるタイプです。

両面共に、1センチの方眼が入っていますので裁断する際に助かります。

サイズはA1,A2,A3,A4の4種類あり、他にも二つ折りタイプ、ハーフタイプなどがあります。

その中でも私がおすすめするのは特大のA1サイズ(縦620×横900×2mm)です。

これだけあれば、大抵のものは上に文鎮をおいて一発で裁断できますね。

 

特筆すべきは、とにかくこのサイズにしてはお値段が安い事。カッティングマットって手芸店に行くと結構なお値段なのですが、このサイズでこのお値段は激安ですね。

しかも送料無料です。

私は、このマットを何枚か用意して、それぞれのアイテム毎に線を引いて使いやすくしています。

こだわりのカッティングマットを作る

こちらは、裁断台・アパレルのパターン台などにも使用されている透明のマットです。

6㎜厚はしっかりしていて縫製工場などでも好んで利用されています。

サイズは豊富でかなりの種類から選ぶことが出来ます。また、ご自宅のテーブルに合わせたオリジナルサイズでの注文も可能ですよ!

(特にオーダーメイド代金も取られません)

合わせて購入したい文鎮

こちらは、手芸教室でも使っている手芸用文鎮です。

生地がズレないようにするには必需品です。

定番商品ですが、2012年11月よりメッキ塗装など改良されています。

一個380グラムで、用途により重ねて使用することが出来ます。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます