刺繍の2本取りって何? 1本取りと2本取りの違いは?

刺繍の2本取りって何? 1本取りと2本取りの違いは?

ハンドメイドの本などを見ていると「刺繍糸を2本取りで~」などと書いてあることがあります。これはどう言う意味でしょうか?

又、家庭科の授業で「1本取りと2本取り」などと習った記憶がありますが、意味は違うのでしょうか?

今日は、基礎の手縫いの基礎についてご紹介します。

先ずは家庭科で習った手縫いの基礎「一本取りと二本取りの違い」についての復習です。




一本取りと二本取りの違い

一本取りと二本取りの違い

 1本どり

縫い糸1本だけで縫う方法です。

手縫いの基本で、ほとんどはこの縫い方です。

 2本どり

縫い糸2本で縫う方法です。

特に強度を保ちたい場合、代表ではボタン付けなどはこの縫い方です。

 

 

それでは、刺繍糸の2本取りとは何でしょうか?

刺繍糸の2本取りのやり方

・・・な~んて値打ちを付けましたが、意味は一緒ですよ。

 

2本取りとは、刺繍糸2本で縫う方法。

3本取りとは、刺繍糸3本で縫う方法です。

 

刺繍糸2本取りのやり方

刺繍糸の2本取り

刺繍糸6本のうち2本を取り出して、長く使っても良いですし、

少しだけ縫うときは、刺繍糸6本のうち1本だけを取り出し、2重にして短く使っても同じです。

 

ちなみに編み物で言う2本取りも毛糸2本で編む方法で同じですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます