ミシンボビンの選び方|金属とプラスチックの違いはなに?

ミシンボビンの選び方|金属とプラスチックの違いはなに?

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

以前、ボビンの粗悪品を選んで失敗した記事を書きましたが、今回はボビンの種類と選び方について紹介します。

 

現在日本で販売されているミシンボビンは6種類あります。

中には、流用できるものもありますが、その機種にあったボビンを必ずお選びください。

 

これらは、ミシンのメーカごとに分かれているわけではありません。

よく袋に「ブラザー用」とか「シンガー用」と書いてあることがありますが、そこだけ見て購入すると、失敗することがあります。

同じメーカでも販売時期や機種により使用するボビンの高さが異なる場合があるのです。

ポイントはボビンの高さと材質

意外と間違えて使用される方も多いようです。

下記にボビンの種類と選び方をまとめましたので参考にして下さい。

スポンサーリンク


家低用ミシン:ボビンの種類と選び方

先ず、ボビンも家庭用と工業用/職業用に分かれますが、工業用/職業用は(I-2型)と言う規格で統一されています。材質も金属のみで簡単です。

一方、家庭用のボビンは下記の5種類もあります。

【家庭用ボビンの種類】

釜タイプ 垂直釜

半回転

垂直釜

全回転

水平釜
ボビンケース
ボビンの高さ 11.5㎜ 9.2㎜ 11.5㎜ 9.2㎜ 10.8㎜
型名 H-1型 H-2型 H-1型 H-2型 H-3型
材質 金属/プラスチック プラスチック

 

現在の家庭用ミシンのほとんどは水平釜③④⑤です。

垂直釜のタイプは、下糸のボビンをケースに入れて使用します。ボビンケースに突起があるのが①の半回転、突起がないのが②の全回転タイプです。

後は、ボビンの高さごとにH-1型、H-2型、H-3型とありますので、機種指定のボビンをお買い求めください。

原則、購入時の付属品(純正パーツ)に従うのが良いのですが、水平釜はプラスチック、垂直釜は金属又はプラスチックが標準です。

プラスチックは透明で糸が見やすいだけでなく、磁石にくっつかないなどの理由もありますので、安易に金属製に変えないようにしましょう。

 

純正ボビンの紹介

ミシンのパーツはやはり純正品だと安心です。下記に主な純正ボビンを載せておきます。

手芸店や100均などで販売されている汎用品は、正規メーカーが作ったもの(事実上純正ボビンと同じ)と製造元の不明なものとが混在しています。

メーカーの解らないような粗悪品にだけは手を出さないように気を付けて下さい。

 

【ブラザー】
ブラザー純正ボビン H-1型(11.5ミリ)

ブラザー純正ボビン H-2型(9.2ミリ)

【JUKI】
JUKI 純正ボビン H-1型(11.5ミリ)

JUKI 純正ボビン(垂直全回転釜) H-2型(9.2ミリ)

【ジャノメ】
ジャノメ純正ボビン H-1型(11.5ミリ)

【シンガー】
シンガー純正ボビン H-1型(11.5ミリ)

【ジャガー】
ジャガー純正ボビン H-1型(11.5ミリ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます