職業用ミシンの押えネジ、アタッチメントネジの交換

職業用ミシンの押えネジ、アタッチメントネジの交換

皆さんこんにちは
ハピメイド店長のmichiyoです。

最近、どうも「ミシンの押えネジ」のしまりが弱いなーと思っていたら、こんなになっていました。

職業用ミシン押さえビス

「めっちゃ すり減ってるぅ・・」

どうして、こんなになるまで気が付かなかったのかって?

だっていつもは左手の感覚だけで緩めたり締めたりしている為、目視することなんてないですからね・・・

「あれーなんか締まらないな~」って

さすがに見た時は笑えてきました。

そういえば、たまに押さえがストンと落ちることもありましたからね・・・今頃納得です。

 

ちなみに私が愛用している職業用ミシンンは、

JUKI SPUR TL-30SPです。

さすがに丈夫で壊れないミシンとは言え、これだけ毎日使ってりゃ、こうなりますよね・・
ちなみに下は安価タイプ(自動糸切りなし)のTL-30です。

押え止めネジは純正で、首下(ネジの部分)が8ミリのタイプです。

ちなみにネット通販でも押さえネジは購入できます。
●ミシン用押え止めネジ(大)全長20ミリ(ネジの部分の長さ11ミリ)

●ミシン用アタッチメント止めネジ(大)全長20ミリ(ネジの部分の長さ8ミリ)

DM便で届きますので、専門店へ出向くまでもないですね。

上記は両方ともピッチと径は同じですが長さが少し異なります。

私は純正と同じ首下8ミリの「アタッチメント止めネジ」を購入しました。

(アタッチメント用のネジは、通常針板の横にある穴に使用するものです)

どちらでも使用可能です。

 

ところで雑学ですが、「ネジ」と「ビス」と「ボルト」の違いって知っていますか?

ネットを検索しても、「太さが小さいのをビスと呼ぶ」とか、「先端が尖っていないのをネジと呼ぶ」など・・色々な見解があります。

どうやら業界や、その会社の取り決めによってマチマチなのが実体のようですね・・・

確かなのは、「ネジ=日本語」、「ビス=フランス語」、「スクリュー=英語)で言語の違いなだけの様です。

ちなみにボルトはおねじ、ナットはめねじを表します。

まあ私なんかは、全部ネジって呼んでいれば恥ずかしくないってことですね・・

 

ちなみにネットの世界では、皆が「ネジ」とか「ビス」とか「ボルト」とかいろいろな言葉で検索してくるので、販売店も色々なキーワードをサイトに載せています。

だから余計に言葉がややこしくなってきているんですよね・・・

かくいう私も、同じ目的でこんな雑学をぶっこんでしまいました。ホホホ!

 

それでは、みなさん楽しい手芸ライフを・・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます