初心者ミシンの選び方|入園入学グッズ作製用おすすめミシン

初心者ミシンの選び方|入園入学グッズ作製用おすすめミシン

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

初心者にとってミシンの選び方は非常に難しいと言われています。

それは、使い手の用途が多岐な事に加え、他の家電とは違うミシン業界独特の複雑さによります。

(あなたを騙そうとする恐ろしい魔の手が・・・)

今日はその辺りの裏情報も交え、ミシンの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク


先ずは自分のスキルと目的をハッキリさせましょう。

テレビや冷蔵庫などの家電と違って、ミシンはある程度の技術を要する機械です。

ただスイッチを入れれば目的が達成される訳ではありませんよね。これは、パソコン選びなどとも共通するところがあります。

値段が高ければ良いという訳でもなく、もちろん安ければ良いわけでもありません。

自分の作りたいものが、悩まず最小限の労力で縫える。そんなミシンを選ぶ必要があります。

先ずは、自分がどれくらいの知識・技術を持っているのかと、これから先どれくらいミシンに触れるのかをハッキリさせましょう。

ミシンの種類と用途

ちなみに現在、私が所有しているのは、工業用ミシン(ロックミシン)・職業用ミシン・刺繍ミシン・家庭用ミシン(ロックミシン)です。

・・・ほぼ全種類ですね。

 

「工業用ミシンがあれば、家庭用ミシンなんか必要ないんじゃないの?」と思われるかも知れませんが、そんなことはありません。

工業用ミシンは、主にOEM(ブランド委託)や特殊な縫製に使用していますし、職業用ミシンは広く全般に使用しています。家庭用ミシンはボタンホールなどで使用します。

 

工業用ミシンはハイパワーですが、専用機なので一台でなんでもこなせるわけではありません。ロックミシンについても同じことが言えます。職業用ミシンも同じように直線縫いのみです。

一方、家庭用ミシンは小回りの利く万能ミシンなのです。

専用機の性能には遠く及びませんが、色々な機能を万人用にまとめた優れものなのです。でもそれがゆえにトラブルもおこりやすくなってしまいます。

 

縫製工場、委託製造(外注・内職など)

⇒工業用ミシン

プロ/セミプロ、裁縫を趣味として長く使用されたい方など

⇒職業用ミシン+家庭用ロックミシン+家庭用ミシンの組み合わせ

ミシン中級~上級者、小物作家など

⇒家庭用ミシン+家庭用ロックミシン

ミシン初心者

⇒家庭用ミシン

 

ミシンのタイプによる選び方

もしあなたが、入園入学グッズくらいしか使う予定がない、今回初めてミシンを購入するという方であれば、選択肢は間違いなく家庭用ミシンでしょう。

でも家庭用ミシンだけでもピンからキリまであって、どれを購入したらよいのか迷いますよね。

分類方法はいくつかありますが、先ずは下記の3タイプに分けられます。

  1. 電動ミシン
  2. 電子ミシン
  3. コンピューターミシン

昔のミシンを電動化したのが電動ミシン、更に針の上下運動やスピード調節を電子化したのが電子ミシン、そしてマイコンを搭載し、模様縫いや刺繍など更に複雑な縫い方を可能としたのがコンピューターミシンです。

値段は、①電動ミシン<②電子ミシン<③コンピューターミシンとなっています。

 

予算があり、ネーム刺繍などもしたい方であればコンピューターミシンが良いでしょう。必要最小限の機能で、低予算に押さえたければ電子ミシンの選択となります。

コンパクトミシンは良いの?

趣味ではなく、例えば入園入学グッズだけの作成なので、「とりあえず縫えればOK」と言うお声を聞きます。

「使わない機能は全部削って、とにかく最低限の機能だけで良いから・・・」

「仕事じゃないので出来るだけ安く抑えたい」・・・そんな気持ち良く解ります。

 

例えば1万円台のミシンでも、直線縫いを始め、ジグザグ縫いやボタン穴かがりなど、最低限の必要な機能はあります。

だからと言って簡単に勧められないのがミシン選びの難しいところです。

 

いわゆる激安ミシンは内部部品を安価に抑えたり、モーターのパワーを抑えたりしています。

これにより厚物縫いで故障などのトラブルが起きることがあります。更にはバランスが悪くなり薄物もうまく縫えないことが多いです。

又初心者にとって優しく便利な機能(自動糸調子や誤作動防止など)がありません。

これらの機能は初心者の技術不足を補助してくれる大切なものです。

 

つまり、コンパクトミシンはある程度ミシンを熟知した方にはお値打ちのミシンなのですが、初心者には縫いにくく、トラブルが起きやすいミシンでもあります。

「弘法筆を選ばず」といいますが、あなたの技術は、そんなミシンでも使いこなせますか?

安く抑えたい気持ちは解りますが、「悩まず最小限の労力で縫える」と言う目的の為にはコンパクトミシンは避けた方が良いと思います。

 

どこで購入したら良いのか?

ミシンの購入先は色々選べます。どこで購入するのが良いのでしょうか?

  • 訪問販売
  • テレビショッピング
  • カタログ通販
  • ネットショップ
  • デパート
  • 街の販売店

先ず、訪問販売については、余りにも悪評が高すぎて驚かされます。

私は遭遇したことがありませんが、こちらのサイトに面白い情報が載っています。

意外と過去の話でもないようです。

 

また、ミシンに限ったことではないのですが、テレビショッピングの商品などは、何かを削ったり逆に付け加えたオリジナル商品の場合が多いです。

品番・型番でネット検索しても、他にヒットしないのはその為です。

更に言うとテレビショッピングに限らず、ミシンは販路によりモデルやデザインが異なります。

つまり、直営店、代理店、通販、ネット、訪問などで全て品番が異なるのです。

これらは、価格崩壊を防ぐ手段でもあり、何もミシンだけに言える事ではありません。

でも家庭用ミシンはその複雑化においては代表格かも知れませんね。

よって「同一品番で値段だけ比較して○○が安くておすすめ」などとは言えない訳です。

まともに比較するには、カタログの隅まで性能を確認する必要があります。

 

それでは、どこで買えば良いのかですが、それにはあなたのスキルが大きく関係します。

ミシンの扱いに慣れていなくて、周りに相談する方がいらっしゃらない場合は断然最寄りの販売店が良いでしょう。

手芸店でも専門店でも構いません。

ミシンになれない頃は、意外なところでつまずくものです。販売店の方の裏話では上手く縫えないケースのほとんどは使い方に問題があるようです。

きっとそんな時でも販売店なら優しく教えてくれることでしょう。その場で縫い方も指導してくれかも知れません。

糸や、針などについてもそのミシンに対応したものを教えてくれます。最悪修理となった時でもスムーズに依頼できるでしょう。

 

少しでもお得に買いたい場合には、ネット通販や大手手芸店などのオリジナルモデルが断然安いです。

ネット販売の場合でも、アフターサポートのしっかりしたショップは安心ですね。

格安価格と安心3年保証の日本ミシンサービス株式会社

2018年 あなたにおすすめ家庭用ミシンはこれ

以上、ミシンの選び方を紹介しましたが、抽象的な表現では解りにくい事もありますので、具体的なモデルも何点か紹介しますね。

専門店の方の情報(裏話)も参考にしながら、機能や性能、コストを見てピックアップしてあります。

「安くてもちょっと使いづらいな」的な物や、特殊なタイプは除いてあります。

最初にお断りしますが、これは小売り(街のミシン屋さんなど)で売られている型番ですので、ネット販売されていないものもあります。

リンクの無いものは最寄りの販売店でご確認くださいませ。

初心者にお勧めの低価格ミシン

【PRポイント】

初心者にとっては大変ありがたい「自動糸調子」と「らくらく糸通し」を備えたモデルです。

また、ロックミシンを持っていなくても裁ち目を処理できる「裁ち目かがり」縫いも出来ます。

ワークスペースも広いので袋物の作製などもやりやすいですね。

初心者でも大変扱いやすいミシンです。

初心者にお勧めの中価格ミシン

【PRポイント】

このクラスからは「自動糸切り」が付いているモデルが入ります。

自動糸切りは、それまでドイツやアメリカのモノマネでしかなかったミシンを、一躍世界のトップクラスにまで押し上げた日本(JUKI)の技術です。

ミシンを頻繁に使う方にはストレスが減り、とてもありがたい機能です。

  • ブラザー Riviera70
  • ジャノメ PE860

中級以上におすすめ高機能ミシン

  • ブラザー COMPAL900
  • ジャノメ DC6030
  • JUKI HZL-F3000

上級者も納得の高機能ミシン

  • ブラザー SOLEIL100A COMPAL1500Q
  • JUKI HZL-EX7

「初心者」「おすすめ」「ミシン」でお探しの方に、ミシン選びのアドバイス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます