スパンコール生地の縫い方、お遊戯会や舞台衣装の縫製方法

スパンコール生地の縫い方、お遊戯会や舞台衣装の縫製方法

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

お遊戯会衣装づくりシーズンの真っ只中です。

さて、衣装に使用する生地と言えば、サテンやオーガンジー、チュールなどいろいろありますが、今日はスパンコール生地の取り扱いについてご紹介します。

 

スパンコールと言えば、とにかくキラキラで目立つ事この上なく、舞台でも映えますよね。

 

でも、はじめての方の中には、「どうやって縫ったらいいの?」と疑問な方もいらっしゃるでしょう。

確かに家庭用ミシンでも大丈夫なの?と思えるような見た目をしていますよね。

先ずは生地の種類を確認して、適した縫製をしましょう。

スポンサーリンク


スパンコール生地の種類

スパンコール生地には大きく2種類があります。お値段が全然違いますので、目的に応じて選びましょう。

本物のスパンコールを縫い付けたもの。

こちらのタイプは、スパンコールを一個一個縫い付けたタイプです。

スパンコールとは光をよく反射させるものですが、100均でも見かけるように様々な種類があります。

金属片やポリエステル片など素材もそれぞれで、大きさや形のバリエーションも豊富にあります。

布の場合は何れも中央に穴のあるスパンコールを糸で縫っていますが、もちろん手で縫っているわけではなく、ミシンを使用しています。

刺繍ミシンにより自在なデザインが可能ですので、スパンコールは等間隔に付けたもの以外にも、重ねて縫っているタイプや、模様を施してあるタイプなどがあります。

お値段は高めで、1メートル辺り1万円前後のものが多いです。取扱店は舞台衣装の専門店や大きな手芸店など限られています。

スパンコールのようなシールが貼りつけられているもの

こちらは、キラキラと反射するシールを布に貼り付けたタイプです。

「貼り付け」「接着」「印刷」などと表記されています。

シールと言っても粘着力は強く、指で取ろうとしても、そんなに簡単に剥がれるものではありません。

丸いもの以外にも四角のシールもあります。

お値段は、上記に比べればはるかに安いですが、それでも1メートル辺り千円前後はします。

こちらのタイプは、手芸店など多くのショップで取り扱いがあります。

スパンコール生地の縫い方

本物のスパンコールが付いたものは、縫製する部分は取り外すのが良いでしょう。

結構面倒な処理にはなりますが、そのまま縫製するのは好ましくありません。

 

一方、貼り付け(シール)タイプについては、剥がしても良いですが、実際剥がすとなると結構面倒です。

私の場合は、いつもそのまま縫います。

例えば、ダンスなどで定番のスパンラメニットの場合は、レジロン糸と普通針の11番を使用しています。

 

普段の縫製ではニットの場合は「専用のニット針」を使用しますが、ニット針の特徴はえぐりが大きいことと先端が丸いことです。

スパンコールは、硬くて滑りやすいこともありますので、先端が鋭く、貫通力の高い針の方が向いていますね。

但しいろいろ相性もありますので、縫製時に目飛びが気になる場合には、えぐりの大きな針を試して下さい。

 

また、マジックテープの選び方の際にも触れましたが、針はシールなどの粘着を嫌います。

縫っているとどうしても針がネバネバ状態になり、これが不具合の原因になります。

ノウハウと言えば、アルコール等でこまめに拭くのがポイントです。またほかの生地を縫製する際は新品の針を使用しましょう。

 

端処理については、ほつれる生地とほつれない生地があります。

ロックミシンのある方は、スパンコールの部分も気にせず、そのままメローすると綺麗に仕上がりますよ。

スパンコール生地の取り扱い方

スパンコールの付け方

フィギュアスケートの大会では、衣装のパーツが落下すると減点になるそうですね。

そのため選手は、何重にも補強するそうです。

スパンコールについては、縫い付けにしても貼り付けにしても、そんなに簡単に取れるものではないです。

でも、絶対取れないものではありませんし、実際ネット通販で購入時した時に「1か所なかった・・」なんてこともあります。

そんな時は、使用していない所から剥がして、市販のボンドでくっつけたり、手縫いしましょう。

また縫っているタイプのものは、脱いだり着たりする時にも引っかけないように注意が必要です。

 

スパンコール生地は、お洗濯や乾燥機、アイロンがけにも注意が必要です。

(元々衣類に適したものではないので当然ですね)

ドライクリーニングを推奨するものや、逆にドライクリーニングでは剥がれ落ちるものもあります。一回きりの衣装の場合は気にしなくて良いですが、長く使用する場合には事前に確認しておくと良いでしょう。

それでは、良きソーイングライフを・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます