お手頃価格のルーペメガネ「レンズ跳ね上げタイプの拡大鏡」レビュー

お手頃価格のルーペメガネ「レンズ跳ね上げタイプの拡大鏡」レビュー

皆さんこんにちは

ハピメイド手芸教室のmichiyoです。

 

以前、ハイミセスに人気 おしゃれな拡大鏡(ルーペ)眼鏡タイプの選び方という記事で、ハンドメイドする際にも便利なルーペについてご紹介しました。

手芸用のメジャーなルーペと言えば、Clover クラフトルーペ、そしてハズキルーペが挙げられます。

 

クラバークラフトルーペは手芸店に出かければ、大抵販売されていますので、手芸好きな方でしたら見かけることも多いでしょう。

ハズキルーペに関しても、眼鏡屋さんをはじめ、あちこちのショップコーナーで見かけます。

あれだけCMをやっていますので、知らない方はいないでしょうね。なんでも100億円の宣伝広告費を投じているそうでして、やたらと見かける訳です。

 

いずれも便利な事は間違いないのですが、ネックはやはりお値段がそこそこ高いことですね。(まああれだけ宣伝していれば分からない訳でもありません)

そんなさなか、楽天さんより同タイプのルーペをご提供いただきましたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク


RESAルーペグラスとは

RISAルーペメガネ

こちらの販売店EyeWear laboさんは老眼鏡専門店です。

あらかじめ注記しておきますが、ルーペメガネは老眼鏡ではありません

単純に文字などを拡大して見やすくするものです。

その為、老眼鏡の必要な方は、その上からこのルーペメガネをかけます。

昔だと、虫眼鏡を使って新聞を読んでいるシニアがいらっしゃいましたが、手芸などで両手を使いたい方にはメガネタイプが断然便利です。

メジャーな同タイプの拡大鏡との比較を、簡単にまとめるとこんな感じです。

メガネ 型 ルーペの比較

ブランド 倍 率 特 徴
ハズキルーペ 1.32倍、1.6倍、1.85倍 ・とにかく種類が多い
・踏んでも壊れない
・ブルーライトカット
・収納ケース付
Clover
クラフトルーペ
1.6倍、2.0倍 ・跳ね上げ式
・レンズが2パターン
・収納ケース付
RESA
ルーペメガネ
1.6倍 ・跳ね上げ式
・ブルーライトカット
・収納袋付
・安い

RESAルーペメガネの使用感

ルーペメガネの使用感

こちらはクロバーと同じく、「跳ね上げタイプ式」のレンズを採用しています。

跳ね上げ式のタイプは、クラフトをする人にとっては嬉しい機能です。

いちいち作業の都度、外すこともありません。

 

デザインは、3社の中では一番ナチュラルイメージですかね。

ハズキのような先進的なフォルムではなく、クロバーのようなルーペ感もありません。

さすがは日本が誇る眼鏡のまち、福井県で企画されたと言うだけあって、普通のメガネをかけているような印象ですね。

 

私の使い方としては、編み物の時は老眼を使用していますが、ドール服のような細かいものをするときにはルーペメガネにかけ替えます。

さすがに、これだけ細かいとこれが無いとキツイです。

細かい作業も良く見える

針の穴に糸を通すような作業の時はスレダーを使用しますが、老眼鏡の上にこのルーペメガネを重ねてかければ、穴も良く見えるようになりますね。

このメガネは、このように直接でもメガネの上からでも、どちらでも対応できるようになっています。

ただその分、フィット感は損なうので、人によってはずり落ちるようなケースもあるかも知れないですね。若干ですが、2つのブランドよりは重いのも影響します。

お尻で踏んでも壊れないハズキルーペと比べると見劣りするかも知れませんが、これだけの価格差がありますので、機能的には十分だと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます