手芸・手作りの知識

Category
眼鏡タイプの拡大鏡

ハイミセスに人気 おしゃれな拡大鏡(ルーペ)眼鏡タイプの選び方

たまに地域の手芸教室のお手伝いをするのですが、時間帯の関係もあって参加者はハイミセスの方が多いですね。そしていつも感じる事なのですが、参加する生徒さんって皆さん一様にオシャレなんですよ。今日はそんなおしゃれなミセスが愛用するメガネタイプの拡...
縫目の長さ
手芸教室

ミシンの縫い目の長さはどれくらいが良いの? 運針数の基本とは

読者さんとの会話の中で「ミシンの縫い目の長さ」についてのご質問がありました。今日はミシンの縫い目の長さについて解説したいと思います。縫製工場などでは、アイテムや縫製部位により細かな取り決め(規格)があるんですよ。具体的には「運針数」と呼び1...
ジグザグ縫いと裁ち目かがりの違い
手芸教室

初心者にありがち、裁ち目かがりを使わずジグザグ縫いで済ませている方みえませんか?

ミドルクラスのミシンをお持ちの方で、端処理を「裁ち目かがり」ではなく、「普通のジグザグ縫い」をしている方を見かけます。背景には入園グッズなどのレシピ本の「端は解れないようにジグザグ縫いする」の表記があるようですね。今日はジグザグ縫いと裁ち目...
布帛とは
手芸教室

「布帛」って何?読み方と意味、誰か教えて!

早速ですが「布帛」って言葉ご存知ですか?読み方は「ふはく」と読みます。これって、洋裁本や生地の説明なんかでも良く見かける文字(ことば)ですね。布帛に対するものと言えばニットがありますね。今日は布帛の意味について解説します。
初心者の為の刺し子の基本
手芸教室

刺し子、こぎん刺し初心者必見のおすすめ本 5選

刺し子を上達する為には、熟練した先輩たちに習うのが一番です。でもなかなかそんな環境は難しいかも知れませんね。そこで初心者の方が入門するには「刺し子キット」や「本」での勉強になります。刺し子にも様々な技法がありますので、やはり本は一読される事...
剥がれたワッペン直し方
手芸教室

剥がれかけのワッペン(アイロン接着)の直し方 手軽な接着方法3選

アイロン接着のワッペンが剥がれた時の対処法についてのお話です。アイロン接着のワッペンは便利な反面、長く使用しているとどうしても剥がれてきてしまうんですよね。もちろん周りを縫ってしまえば良いのは解っているのですが・・・今日は手っ取り早く、剥が...
仮止め道具
手芸教室

手芸に便利な「仮止め」の道具たち・・シーンに応じて使い分けしましょう。

今は手芸用具として色々な種類の「仮止め」グッズが販売されています。それぞれのシーンによって、これらを使い分けると作業性や完成度が高まります。それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。今日はより作業がはかどる、7種類の仮止め方法をご紹介します...
ミシンのメンテナンス
手芸教室

お使いのミシン、使い終わったらそのまま片付けていませんか?

ミシンって色々な使い方があると思いますが、共通して言える事は「調子が悪いと困る」と言う事です。ミシンを使った後、そのまま片付けていませんか?もちろん、油を差したりエアーをかけて掃除するなどのメンテナンスは最も重要ですが、もう一つ大事な考えが...
洋裁メジャー

壊れない洋裁メジャーが欲しい!出来ればかわいいの

洋裁をやっているとメジャー(巻尺)を使う機会が多いです。私も3か所の作業場を行き来しているので、それぞれの場所に置いています。私が欲しいメジャーの条件は、巻き取り式であること、端が数センチ空けて目盛りが始まること、2m以上の長さがあることで...